チラシから写真まであらゆる用途で使われる印刷用紙

一口に印刷用紙と言っても種類はいくつもあります。 その中から、自分が望む印刷用紙を探し出すのはなかなか大変なのかもしれません。 用紙の白色度や厚み、サイズにまで様々な種類がありますから、どういった用途で印刷をするのか、自分で印刷するのかお店で印刷をお願いするのかによっても変わってくるでしょう。

用紙には様々な種類がある

パソコンの普及に伴い、私たちは様々な物を印刷する機会が増えたのではないでしょうか?
もちろん、パソコンだけではなく、それに付随するように進化を遂げてきたカメラやプリンター、ファックスやスマートフォンなどが挙げられます。

印刷用紙も、紙のリサイクルが加速するのに比例して種類が増えてきているのではないかと思われます。

家庭で印刷する機会が多いとすれば、写真印刷と答える人も少なくないでしょう。
また、インターネットで調べた料理のレシピなどのあらゆる情報を印刷される人も多いかと思われます。
家庭で使われるほとんどのプリンタはインク式が大半を占めています。
低コストであり、なおかつ多機能であるインク式プリンタは年々進化し、インクの種類も増えてきています。
それにより、より鮮明な写真を印刷することができますが、ごく一般的な印刷用紙ではうまくいきません。

写真をより美しくきれいに印刷することができる印刷用紙は、インク式プリンタ専用の用紙を使うと良いでしょう。
また、写真印刷に適した薬品の塗られた光沢用紙や写真専用紙などで印刷をすると、まるで写真屋さんで印刷したような出来栄えに仕上がることでしょう。

はじめから色のついた用紙はポップアップを作るのにも最適ですし、チラシとしても存在感があります。
また、印刷用紙は名刺サイズのものまでありますから、手軽に名刺を作成することもできますし、ポイントカードを作成することもできます。

厚さによって変わる印刷用紙

サイズや白色度が違うことで用途も変わってきます。 再生紙は環境に良いですが、商談など大事なプレゼンの時は、どうしてもきれいに印刷される高白色の用紙を使いたくなるものです。 ですが、折角きれいな色が出せても、薄っぺらな紙だとインパクトも半減してしまいます。

印刷用紙は種類が豊富

名刺サイズから、ポスターサイズまで幅広くある印刷用紙。 中には、シールになっているものだったり、透明な用紙もあって多種多様です。 今や年賀状を買いに行くと、再生紙の他にインク式プリンタ用の用紙と二種類から選べるようになっています。 様々な用途で変化する印刷用紙は、見ているだけでも楽しいものですね。

TOPへ戻る